カテゴリ

2008年03月02日

5 遺誡

HOME翻羽翼后 ⇒ この記事です


翻羽翼后

5遺誡


 笑みを返してから、辻は男を見た。
 背の中程まである長い結んである黒色の髪が揺れてみえる。
 ほっそりとした輪郭をした顔は、形のいい眉を持ち、きりっと通った鼻筋と、小振りな唇を持っており、まるで武者人形を思わせる美男だ。年は辻と同じか少し年上だろうか。鍛え上げた身体はその柔らかな雰囲気にそぐわなかった。
 何かおかしかった。
 辻は警戒していた。それでもこの男は気配も感じさせなかった。それは、自分を完璧に律する事ができるもののみが見せる境地だ。
 辻はそう考えつつも、桶に入れた湯で体を流してから、露天風呂に入った。
「お武家さんかな」
「ええ」
 辻は頷いた。
「わかりますか?」
「刀を扱っていると体につく肉の付き方が変わるからね」
 正面から見ていて違和感の正体に気づいた。男の体に傷がほとんどない。まるで生まれたの赤子のようだ。
「そちらは」
「用心棒さ」
 その言葉が真実なら、この身の傷の無さはただ一つ。男の力量を示している。天才的な技か、あるいは頑強な体か。あるいは二物を持つか。
 辻は言葉を選びつつ男を探る気になっていた。
「それがしは辻ともうす。ご明察の通り武士です」
「俺は遮那という。用心棒だ」
 この男を護衛に雇うようなものとはいったい何者なのだろうか。
「護衛ですか?」
 聞いても答えないと思いながら辻はいった。
「今回は調べものの口なんだ」
 あっさりと男は口を開いた。
「この辺りは琥珀の産地らしいんだがしっているか? 琥珀は紘土だとかなり高価なんだぜ」
「そうなのですか」
 あの馬のように生き物を琥珀にかえるものがいるのなら、そこは無尽蔵な富を持つことだろう。
「ああ。大陸から天津島にくる富は多いが、でていく琥珀に関しては、逆なんだ。また天津の琥珀はできがいいからね高値で売れる」
「それは知りませんでした」
「おっと、とんだ儲け話だったな。まあこうした儲け話は他人に話さないのが寛容だ。それを解っているようで、あの坊ちゃんは何も話してくれないのでここにとどまっているわけだ」
 遮那は立ち上がった。
「すっかり長風呂しちまった。ここは武士にとっては縁起がいい風呂だからよく味わっておくといいぜ」
「縁起がいい?」
「『彼聖四年、青海孤影、ゆくは一艘の船、乗るは守応皇子』」
 東国の武士なら子守歌のように聞いている守応皇子の武勇伝の一つ。青鸞王渡海の始まりの一節だ。
「『眼前には船団 皇子独り挑む 雲霞の如き敵 怯まずに挑む』」
「その後、守応皇子は相手の帝を倒し、天津を救った。その前に入った風呂がここさ」
 遮那は思い出しているのか目を閉じた。
「『我が滅已のち、劃定せし境は、命賭けるところなり』」
「それだ。」
「その時に決められた区分が今でも東国の所領を定めていますから、幼い頃より学ぶことです。それにしても、ここがそうだとは」
 遮那は頷いた。
「割合物語だとそれらしい場所でしているからな。ではまた顔をあわすこともあるだろう。そのときはよろしくな」
 遮那は立ち去っていった。
 辻は息を吐いた。
 今まで入ってこなかった景色が入ってくる。
 海がよく見える。
 空に瞬く星がなければ、どこが海と空の境かわからないような眺めだ。
 遮那という男は海に似ていた。気持ちの持ちようで海は、様々な事を思わせるが、海そのものは常に海だ。あの遮那もこちらの感情の動きによって、雰囲気を変えたように思えたがそうではない。こちらの疑心を受けてそのように振る舞ったように過ぎない。
「辻さま、服を用意させていただきました」
 外から声が聞こえた。
「わかりました」
 辻は答えた。
 体が温まるまで入ってから辻は外に出た。
 用意された服はまだ新しいもののようだった。辻が着てきたものより厚く、こちらの気候にあっているようだ。
 辻は刀を持って外に出た。
 玄関を回ると童が待っていた。
「いい湯だったみたいですね」
「久々に体が休まったよ」
 辻が答えると童は笑みを浮かべた。
「食事の用意はできてますよ。こちらに」
 そこは十数人は入れそうな広間だった。
 相変わらず気配なく遮那は座っていた。
 沿海州の船乗りがよく使う裾を絞れるようになった黒い袴と、色々な布を切り嵌めてあるあざやかな上着の袖を、肩近くまでずり上げて紐で縛っている。
 膳が用意され、焼き魚と海草、汁物とご飯が用意されている。
 辻が遮那に黙礼し、二人は向かい合って座った。
 上座に席があり、そこに座るのは童だった。
「せっかくなので紹介と思ったんですけど、もうすまされてますね」
 二人は頷いた。
「僕は北家玄鷹といいます」
 玄鷹は背筋を伸ばし、ゆっくりと頭を下げた。
「以後よろしくおねがいします」
 頭を上げると、玄鷹は膳を手で示した。
「料理が冷える前に食べてください」
 辻と遮那は食事を始めた。
「お二人ともどうしてここに?」
「俺は仕事だ。辻殿はお役目らしいが、玄鷹殿は?」
「ここにいるのは狩りの為です」
「狩り」
「はい。・・・をとら・・」
 玄鷹の言葉に被さるように轟音が響いた。 
posted by 作者 at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻羽翼后| edit

2008年03月14日

6 随縁

HOME翻羽翼后 ⇒ この記事です


翻羽翼后

6随縁


 馬車の中は柔らかな光沢のある布で飾られていた。至るところに精緻な飾りがされていて、おとぎ話に聞く月からくる車もこのようなものではないかと思えた。
「怪我はないか?」
 歌は頷いた。
「巻き込んでしまって悪かった。あいつを捕らえねばならなくて」
 男は縄で縛られ、転がされていた。
「他の人は?」
「君だけでも助けられてよかった」
 祖母や村の人たちの顔が浮かんだ。
「この人が」
 驍は眉をひそめた。
「あまり暴れなさんな。密室で火術使うと悲惨だぞ」
 御者台から声が聞こえた。
「すみません」
 術。先程の斧をここで出せばどうなるか。歌でも想像がついた。
「私は驍将真という。昴主さまよりこの一帯を預かるものだ。最近、国境の辺りで火付けが多く、探索をしていた。何か村が襲われた理由はわかるかね?」
「村は普通の村でした。若い人はいなくてお年寄りばかりでしたけど」
「この男たちはどうも何かを探しているようだったからね」
 男は目を覚ました。
 状況が分からないように左右を見る。歌で視線を止めた。
「私は帝の命によってここにいる。さっさと縄を解き、娘を渡せ」
「昴国は法で治められている。罪過を見過ごすことはできない」
「ふざけるな」
「もし貴公の語ることが真実ならば名を明かされよ。しかるべき筋をあたり、身分が分かれば、対応も違ってくる
「最初からそういえ。南家五徳だ」
「南家に問い合わせしましょう。その前に、焼き討ちをした理由をお聞きしたい」
「それは」
 五徳は再び歌を見る。
「その娘を捜し出すためだ」
 歌は首を横に振った。自分には狙われる訳はない。と思う裏で、五徳を相手にしたときの声と、伴う術が思い出された。
「彼女は何者ですか」
 不意に馬車が止まった。
 御者台から声が響く。
「追っ手だ」
「数は?」
「数はいいんだが、まずいな。特に俺と御曹司が。回りに火つけられてやがる」
 五徳は笑った。
「火行陣に入ったな。素直に娘を渡せば、許してやっても構わんぞ」
「火行陣?」
「確か陣内にある燃える物を片っ端から燃やす陣だ。人間が燃えるのは最後だが、その前に火に包まれておしまいだ。あつ、回りの枯れ草が燃え始めてるぜ」
「分かった」
「鴻は彼女を連れて逃げてくれ」
「どうするつもりだ」
「目的は、彼女と五徳殿だろう。切り離せば人手を散らせる」
 御者台から中に入ってきたのは浅黒い肌をした長身のやせた男だった。黒い道服を身につけ、乱れた髪は長く帽子を目深に被っているせいか表情が見えない。
「お嬢ちゃん、俺は鴻という。御曹司、驍さまに仕えるものだ。ところで、あんたどのくらい術が使える。火行陣の崩し方はしらんか?」
 歌には分からない事だった。
「その娘は術をしらん。無駄だ無駄」
「しらんのにあれか。天性か、そりゃまた狙われもするな。御曹司、組み合わせは俺と五徳殿、御曹司とお嬢ちゃんだな」
「あの風を使う術ならすぐに離れられるはずだ」
「いやいや五徳殿はこうして静かにされている方ではないよ。火車牽きの五徳殿といえば」
「その名は止めて貰おう」
 五徳の声には今までと違うものがあった。今までの上からの命に従う小人という印象はなく、腹の底からの声だ。
「失礼。だが、今ので分かっただろう。五徳殿は、こうしてとらわれておいでながら我を通そうとされた。そういうことだよ。余力を隠されている。最悪、捕まったのもわざとではないかな」
「買いかぶりすぎだ」
「ということで出し抜かれそうなので、術師は術師で押さえることにする。まあ、左道の輩である俺と、方士たる五徳殿と比べては困るだろうがね。ここでちょいとばかり強い術で真っ直ぐ火行陣を破る。そこを一気に御曹司はお嬢ちゃんと走り抜けてくれ。俺は五徳殿を連れて、術で逃げる」
「歌どの。こちらに。馬で一息に逃げます」
 驍にいわれるままに歌はついていった。馬は何かにおびえているようだがよく訓練されているのか、静かにしている。
 驍は馬車と馬を繋ぐ綱を外し、馬に乗った。手を差し出し、歌を引っ張り上げる。そのまま馬は走り出した。
 目の前には火の壁と化した木々が見えた。
 歌は震えながら、火の壁を見た。先程のように火で焼かれるか焼かれないか自信はない。

 わずかに風を感じた。それは馬車の方から優しい風が吹いている。その風は少しづつ強くなっていく草花をわずかに揺らすような風から、地面に押しつけるような風に。
「大丈夫。鴻はよい男ですから」
 火は風を受けて勢いを増してますます高くなる。山のように火は大きくなる。
 後ろから殴られた。そう歌は思った。それほどの強い強い風が背中から歌を追い抜く。それは一瞬で木々を折る嵐の強さに転じた。
「風弦襲」
 鴻のものと思われる声が風に混じり聞こえた。
 火の壁は一瞬で姿を消した。
 風に押されるように馬は足を早めた。振りかえれば馬車はもう見えないほどに小さくなっていった
posted by 作者 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 翻羽翼后| edit

2008年03月25日

7 索隠

HOME翻羽翼后 ⇒ この記事です


翻羽翼后

7索隠


 屋敷が倒壊したのか天井に穴が開いている。それも一つではなく、いくつもの穴がだ。その隙間から星の明かりが差し込んできている。
 辻は身体の上に落ちた瓦礫を立ち上がりながら払った。
「だいじょうぶか」
 刀を持ち、周りを見る。
 素早く逃れたらしい遮那が崩れかけた屋根に登り、天を指さしている。
「見ろよ」
 夜空では、光がぶつかりあっていた。空でぶつかりあう光は玄と黒。
 その光は強く、辻の目にもまぶしさが届いた。
 二つの光は、間を開き、時には激しく近づきせめぎ合う。
 黒は逃れようとし、玄は追う。玄は黒を海へと追い込んでいるようだった
 激しく波があがった。海水が何か生き物であるかのようにうねり、黒に襲いかかる。黒い星は海の中に叩き落とされた。
 残った玄い光は、辻の方に向かってくるのか、少しづつ大きくなる。それは燐光を放つ玄鷹であった。
 燐光が消えた。先程までの整った姿とは違い、服の至る所は切り裂かれ、ただ布をまとっているような姿だ。
「今のは何だ?」
 辻の問いに玄鷹は笑った。
「辻さんと同じですよ。女神を求めるものです」
 女神が実在する。
「そういえばさっきちょうど話の続きでしたね。僕の今の仕事は女神を捕らえることなんです」
 玄鷹はいった。
「ちょうどいいからお見せしますよ女神を」

 屋敷の中にある階段を降りた。
 数分は降りたように思えたが、暗いせいでそれほど深いわけではない。
 それでもそこは地下だった。階段の果てには扉が一つあった。玄鷹が扉を開いた。
 狭い部屋だ。地下に作られたその部屋は、自然の洞窟をわずかに加工して、人が住めるように作り直したものだ。
 家具も、灯りを点す灯籠、寝台と鏡台。小さな文机のみ。
「これが女神です」
 誰かが寝台の上で眠っていた。
 小さい身体だった。辻にとっての主、琴姫も少女だが、今目の前にいる女神の方がずっと脆く弱いように見えた。
 少女は起き上がった。
 黄金の光を放つ長い髪は水の中にいるかのようにゆらゆらと動いている。髪も微かに光を発している。翠色の深い瞳だった。瞳の中に映る自分は間の抜けた顔をしていた。
「こんな時間に悪いね」
 玄鷹はいった。少女は玄鷹を見て駆け寄ってきた。
「けがはだいじょうぶ?」
 玄鷹の目が不快そうに細まる。
「まあね。君を求めてあの鬼が来たよ」
「よかった」
「でも倒したけどね」
「違うの。あなたにけががなくてよかった」
 ぎりっと玄鷹の奥歯をかむ音が響いた。
「それに、今日は君に遠くから会いに来た人がいる。まったく千客万来だね」
 玄鷹に押し出され、辻は前に出た。
「それがしは、東伯淡巳公の息女琴姫に仕える辻ともうします」
「よろしく」
 女神は小さく頭を下げた。
「主に不祥が多く、それを払うべく女神さまに相談をしに参りました」
 女神はただの小さな子供のように首をかしげた。
「悪いことが続いていて、どうにかできないかってさ」
 女神は頷いた。
「あります」
 言葉を選ぶように女神はいった。
「それは」
 照明が倒れ、闇が部屋を包んだ。
 風が部屋を吹き抜けた。
「防いで」
 玄鷹は叫んだ。
 何かが部屋に入ってきた。その頭には螺旋を描く角が二本生えて見えた。それだけではない。その体は巨大だった。
「鬼」
 辻は身構えた。
 それは辻の声を聞きながら立ち上がった。一瞬で、巨体が宙を舞った。
 頭上にある鬼の身体が辻に向かう降ってくる。その肉体は鉄の如き塊だ。交わしきれずに辻の身体は地面に押しつけられた。
「退け」
 辻は足下から転がって抜け出した。
 立ち上がって構えをとると、鬼が腕をたたき落とすのが見えた。
 刀で腕を受け止めた。踏み込んで威力は殺しきった。 鬼と目があった。黒い闇の塊のような目は見ていると力が抜けていく。
「くっそう」
 辻は叫んで一気に押し返そうとするがまったく動かない。
「それだけ持つとは」
 鬼の腕が倍近くふくれあがった。重さが正面からかかる。刃が弾かれ、そのまま体勢が崩れた。そこに拳が迫る。
「そうあわてなさんな」
 鬼の腕を弾いたのは黒輝く鉄の棒だった。それを握っているのは遮那であった。
「手を貸せ」
 辻は遮那の持つ手の棒に触れた。二人で一気に力をかけ、鬼の腕に力をいれる。しかし、できたのは微かに退かせることだけだ。
「何て力だ」
 遮那は棒から手を離した。一気に辻の腕に力がかかる。しかし、鬼の体勢も崩れる。遮那の蹴りが鬼の足を払った。大きく崩れた鬼の身体を見ながら、辻と遮那は後ろに下がった。
 背後にいる玄鷹と女神を庇いながら、辻は鬼を見ていた。
 鬼と目があった。黒い闇の塊のような目は見ていると、深い泥にでも首まで浸かっているような気がしてくる。
 それは隣の遮那も同じようだった。少しづつ構えている棒が下がってきている。
「目に飲み込まれないで」
 玄鷹の声が聞こえた。
 思えば鬼は眼前だ。
 ほとんど受け身もとれず、辻の身体を鬼の拳が襲う。辻は弾かれ、吹き飛ばれた先は遮那だ。二人はほとんどひとかたまりとなって壁にたたき付けられた。
「渡さない」
 そういった玄鷹の身体もまた崩れ落ちた。
「ごめんね」
 女神の身体は光に転じた。その光は鬼の周りを飛び回り、羽毛のような軽さで浮かび上がる。
「待って」
 玄鷹の叫ぶ声に光は一瞬だけとまるが、鬼を包み込んでそのまま消えていった。

 玄鷹はぼんやりと部屋に立っていた。顔はまっすぐに女神の消えていった夜空の方を向いている。
 辻は玄鷹の背を見ていた。
 玄鷹の、どこか不遜とさえ思えた雰囲気は変わり、小さな年相応の子供のように見えた。 自分もああしてぼんやりとした時があった。自分の側にあったものがなくなり、たいしたことはないと感じていた空虚の大きさにとまどうのだ。
 こうした時は放っておいて、自分自身の持つ何かで補わなくてはいけないのを辻はしっていた。
 しかし、遮那が玄鷹の肩を叩いた。
「早く追うぞ」
「そうだね」
 玄鷹は生気ない瞳を向けながら、どこかぼんやりしたまま印を結んだ。
 玄鷹の周りに光が生じる。遮那は側に立つのを見て、辻は続いた。
「一緒に行くの?」
 玄鷹がいうと辻は頷いた。
「女神は何かを告げようとしていた。だから聞かなくてはいけない」
 姫にいわれたことは今も心のうちに引っかかっている。しかし、今はそれよりも目の前の玄鷹が心配だった。
 遮那は小さく笑みを浮かべた。それは嘲笑のようにも見えた。

 
posted by 作者 at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻羽翼后| edit

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。